飼育容器にご用心 

今年はアミメニシキヘビの脱走がまたありましたね。 今回のは無許可飼育ということで追及されたようですが 動物の遺棄ということになると 今度は動物愛護法の範疇になってきます。     捨てたのではなく、逃 […]

ベビーサイズは特に注意

リクガメの幼体の来院が続いています。     この時期の幼体は本当に気を付けなくてはいけません。 来院する種類は   ロシアリクガメ ギリシャリクガメ ヘルマンリクガメ フチゾリリクガメ ア […]

ミドリガメの足底皮膚炎

これ、ミズガメ飼育において めちゃくちゃ多く見られます。 特にミドリガメ、クサガメ、ミシシッピニオイガメ、カブトニオイガメ。 そう、丈夫な入門種(この言葉が適切かどうかはちょっと置いといてください)に とても多いのです。 […]

投薬ルートを考える

爬虫類に限りませんが 薬剤の投与方法には様々な方法があります。 病院でイメージされるのは注射ではないでしょうか。 その注射にも 皮下注射 皮内注射 筋肉注射 静脈注射 体腔内注射 などいろいろな投与ルートがあって メリッ […]

またマタマタ

マタマタは似ている種類がいない1属1種のカメですね。         落ち葉と一緒になるとわからない・・・         完全水棲の種類は […]

リクガメ類の拒食

拒食っていうのはどの爬虫類本にも載っていますが 病名ではないですよね。 食欲不振・食欲廃絶とは一つの症状であって そこには原因があります。 その原因究明が難しいのが爬虫類です。     ウサギやセキセ […]

ヒョウモンリクガメのCT検査

甲羅でおおわれているカメの仲間には レントゲン検査以上にCTスキャンによる検査が 有用なことがあります。       前方から見た所見です。 硬いうろこに覆われている前あしも ちゃんと骨が二 […]

カブトニオイガメの陰茎脱

カメのお尻から何か出ている       という来院は非常に多いです。   カメは総排泄腔を持つ動物ですから お尻というのは総排泄腔のことで、 何か出ているの何かは 内臓のことですね […]

リクガメの眼科疾患?

眼がおかしい     という理由で来院するリクガメがたくさんいます。 (他の爬虫類でもこの来院理由はとても多いです)     ところがほとんどのケースで真に眼科疾患というのは多くな […]

診察再開しております

臨時休診の際には大変ご迷惑おかけしました。 スタッフも自宅療養や隔離期間を経て、戻りました。 お盆中も通常診療に戻っております。 どうぞよろしくお願いいたします。       いつも大好きベ […]